2018年1月20日土曜日

PCが遅いのでCPUの脆弱性のパッチのせいだと思っていいたら・・・。Windows UPDATE の失敗しまくりのせいだった。

週末にPC作業をしようとしたらものすごくレスポンスが悪く、年始に発表されたCPUの脆弱性対応のパッチを当てると遅くなると聞いていたのだけれどもコレは ひどすぎダロ
と、思いながら何度か再起動したりして使っていたのですが・・・・。




Windows 10、バージョン 1709 の機能更新プログラム インストールに失敗しました

Windows 10、バージョン 1709 の機能更新プログラム インストールに失敗しました

Windows 10、バージョン 1709 の機能更新プログラム インストールに失敗しました

Windows 10、バージョン 1709 の機能更新プログラム インストールに失敗しました

って、裏で動いていた
 Windows 10 Fall Creators Update
の適用に失敗しまくっていたせいだったことが判明。

4連続で失敗するような一切の検証なしでリリースしたとしか思えないアップデートをリリースする神経がわからん。
しかも新機能どれも不要なのに、リソース使いまくり、失敗しまくりなんてどこのウィルスだよ!!

まともにインストールできないような大型アップデートを リリースするなんてひど過ぎる。


USBメモリーでアップデート用の起動ディスク作って、USBブートでアップデートかければ失敗は回避出来そうだけど、メンドクサイ、めんどくさい、mendoku・・・


その後、なんか10GB以上のUSBメモリーを刺せだのダイアログが出たので、あーだこーだ言わるままにアップデート作業をしていたら 、ながら作業で4~5時間かかり・・・。月2回ぐらいの週末ぐらいしか電源入れないのに使用時間よりアップデート作業をさせられている時間の方が圧倒的に長い事に気が付き始めたあたりでアップデートが終わりようやく使えるようになったと思ったらなぜかタッチパッドが死亡。ショートカットキーを駆使しながらドライバーを再インストールしたけど無駄 orz

キーボードショートカットだけでWindows10を操作するなんて苦行に我慢ならず・・・。なんとか昔使っていたUSBマウスを探し出して接続。そもそもデバイスマネージャーのエラー以前にタッチパッドのハードがそもそも存在しないことになっているなんて、ナンテ、NANTE orz
以前のバージョンに戻したところで延々とアップデートの失敗の繰り返しになるとしか思えず・・・。

さすがクソでエーカゲンなアップデート・・・。もと戻せば復帰しそうだけれどアップデートの 無限ループになりそうだし、どうしようもない orz
Wiodows8.1のほうがまともだったな~という気がしてきた、今日この頃

結局、最後の手段でOSをクリーンインストールしたら治る。大型アップデートのたびにパソコン初期化している気がする・・・。

2017年5月14日日曜日

「Support: [Apple Info] ~」「 reminder [Apple Policy] ~」「Attention! [Apple Reminder Statement] ~」とかいうアカウント乗っ取り系と思われるSPAMが来る

Appleのサポート?からパスワードのリセット要求があったとかいう感じの下記の題名のメールが来る
 Support: [Apple Info] Statement account submitted to reset your password for our client area 05/12/17
2ファクター認証を設定してんのになんで、iPhoneに通知なしでメールでパスワードのリセットがあったとかアップルのサポートからメールあんだ???

Support: [Apple Info] Statement account submitted to reset your password for our client area 05/12/17

> Dear Client,
> Recently a request was submitted to reset your password for our client area.

> Date: 12 mei 2017
> Country: Belgium
> IP Address: 90.108.160.176

> If you did not request this, please ignore this email. It will expire and become useless in 2 hours time.
> If you have not signed in to iCloud recently and someone may have accessed your account, go to AppleID.
>  SECURE MY ACCOUNT
> and update your account details as soon as possible. Hope to hear from you soon!
> AppleID - Community


Date: 12 mei 2017って、何月? 「mei」って、雰囲気的に5月かもしんないけど何語???というのは置いておいて、

ざっくり、
 Date: 12 mei 2017 にベルギーでパスワードリセット要求されて有効時間は2時間だから身に覚えがあったら有効期限内にアクセスして、身に覚えがなかったら無視しろ
と・・・。
身に覚えがなかったら無視しろとの事なので、下手にリンクを触ると乗っ取られたりしそうだから、全く身に覚えがないし無視でいいや(^●^)


差出人を見ると
 support@my-appleid.com
という名前を名乗る
 N0-Reflyy.Mssge.Problem.48765@aswlocked.com-msn.live.com
というメールアドレスの人のようだ。差出人の名前設定のところにメールアドレスっぽいモンを設定している時点で怪しさしかない。
APPLEのサポートがMicrosoftのサービスの「live.com」からサポートのメールを送るなんて、絶対にあり得ないし、間違いなくID乗っ取り系SPAMで確定。

暇つぶしにソース見たら
「SECURE MY ACCOUNT」のボタンを押すと、http://t.coで始まるツイッターの短縮アドレスを悪用したと思われるURL隠ぺいでアップルと全く関係のない怪しいアドレスに飛ぶようになってるわ 下側のアップルサポートコミュニティをクリックするとlive.comのアドレスにメールする設定になっているわ
・・・。
って、ツイッターの短縮URLなんて詐欺師がURL隠ぺい目的で使っている以外ほとんど見ないから、そんな危ないアドレスなんて誰がアクセスするの?


そもそも、このメールを受信したメールアドレスはアップルに登録してなかったーーー。
迷惑メールの設定をして放置。



「If you did not request this, please ignore this email.」と書いておきながら、無視されたくないらしく、1日したら昨日と同じ
 support@my-appleid.com
という名前を名乗る人からメールが来る。
迷惑メール設定したのになんで抜けてくるんだ?と思ったら、昨日と違う
 cs-n0replymails-infosreminder2@accounting-icloud-mail.com
というアドレスに代わってる。しかも、パッと見、それっぽい勘違いしてしまいそうなアドレスに改良されてる (-.-メ)

同じ人が違うメールアドレスで送ってくるという迷惑メールフィルター回避策でよくやられるやつ。
迷惑メールフィルターの設定メンドクサイ。差出人の名前に「@」入っていたら迷惑メールという設定にすればいいかも?


暇つぶしに内容を見ると、題名が
 reminder [Apple Policy] was statement Your account
???オイラのアカウントからなんか要求があったとか?そんな感じの意味?

んで中身を確認すると・・・。
> Dear client,
> We have notified that some of your accounts,
> Your AppIe ID, was just used to purchase Heads Up! from the App Store on a
> computer or device that had not previously been associated with that AppIe ID
> If you did not make this purchase, we recommend that you to update your information.

>  SECURE MY ACCOUNT

ざっくり何を言っているか見ると
 アップルIDに登録されていないコンピューターまたはデバイスから「Heads Up!」 とかいうアプリの購入されたから、もし購入をしていないのならばアカウントのセキュリティ情報を更新することをお勧めする

的な感じ? そんな事をお勧めされる筋合いはない!!断固として断る (^●^)

ま、登録していないアドレスにアップルのサポートから来ている時点で意味不明な上に、購入した覚えがなかったらアカウントのセキュリティ見直せと???脈略不明。
決済のメール来てないし、そもそも2段階認証してんのに登録していないデバイスから2段階認証通らずにアプリを購入できるわけないし。

ソースを見ると、
「SECURE MY ACCOUNT」
を押した接続先は昨日と同じ怪しいアドレスなので、同一人物によるID乗っ取り系?詐欺メールで確定。


というわけで、こんなメールは無視に限る (^●^)



次の日。今度は、
 Apple Important
という名を名乗る者から
 services-mailssecure02193rn2@accounting-icloud-mail.com
というメールアドレスで

 Attention! [Apple Reminder Statement] Login information with new Device 05/15/17
という題名のメールが来る。
新しいデバイスからログインの警告
って感じ?

なんで迷惑フィルターに入んないんだ?と思ったら名前のところに「@」入ってないなんて・・・。本気でウザいので「Apple」でひっかけて迷惑フォルダーにすら入れずに削除にしよう。このアドレスAPPLEのサービスに登録していないので困ることはたぶんない。
送ってくるたびにメールアドレスを変えている時点で、迷惑メールフィルター回避をやってる詐欺メールで即確定。


本文見ると

> Dear Client

> We've noticed that some of your account information is inconsistent with the identity you have previously entered.
> To continue using your Apple ID, Please re-verify your account information.we apologize for the inconvenience.
> This we do so that your account is always safe and usable.
> You can verify your account by clicking the button below

> Login Now

> Thanks for choosing Apple,
> Apple Team

ざっくり、
 アカウント情報が昔のものと矛盾しているから、アカウント情報の中身を再確認しろと
んで、
「Login Now」
を押して処理しろと。

「Login Now」を押した接続先は、ツイッターの短縮URLサービスによるURL隠ぺいときたもんだ。

短縮メアドの接続先も先の2つと完全一致だから同じ人で確定。って、ツイッターもこんな詐欺アドレスへの転送を何日も!!放置してんの?かな~。ということは!?かなり真っ黒に近い共犯???
URL隠ぺいの温床にしかなってない詐欺師御用達のツイッターなんて、とっとと消滅したほうが・・・。

2017年4月28日金曜日

ATMEGA328P、ATTINY 13A等のAVR用高電圧ライター STK500クーロンな互換ライターをAtmel Studio7.0で使ってみる

チップのクロック設定を変えようとしたりしてFuse設定を間違えたり、ResetピンまでIOに使おうとしたりヒューズ設定を変えてしまうとISP(ICSP)書き込み経由の書き込みが出来ず、プログラムの書き換えできなくなるという事があります。この場合、高電圧プログラミングに対応したライターでヒューズ設定を書き換えるか、Arduinoあたりを使ったヒューズリセッターの作例を参考にチップを書き換える必要がある。

調べるとWindows10でも使える高電圧プログラミングに対応したライターは
 ATMEL AVRスタータキットSTK500
というATMEL純正のライター兼、テストボードがあるとのこと。ただし、1万円以上するのでこれを購入するなら、ATTINY13Aなら200個以上、ATMEGA328Pでも40個以上購入できてしまうじゃん!!と

そこで互換機の作例を参考に自作しようかと考えたものの、必要な部品が思ったより必要な感じで手持ちのJUNK品をなるでく使用しても3000~5000円のパーツ購入費は必要になりそう?で、組み立てKITでもないかと、洞窟探検していたらSTK500クーロンな互換ライターを2000~5000円ぐらいで見つけたので購入することにする。

何種類かあったのですが送料込み3000円ぐらいだったTX_STK500(VER6.1)というものを購入。



■Atmel Studio7.0とTX_STK500を接続する
Atmel Studio7.0を起動して使ってみたところAVRISP mkIIは自動認識されたものの、STK500互換機は認識されずデバイスリストにもない。調べるとAtmel Studio6.0あたりから?手動で追加しないといけなくなったとのことで、デバイスを追加してやる。

事前にボードをPCに接続しUSB-SERIALドライバーのインストールを済ませ認識させておく必要があるのですが、ここで一難有ってPL-2303HXはWindows10用正式なドライバーが無いということで、罠に嵌ったり・・・。

「View → Available Atmel Tools」から


右側の画面のところで右クリックして「Add Target...」


「Select Tool」「STK500」


Comポートを選ぶ。ComポートはUSBの挿し口が変わると変わるので要注意。

これでボードの接続設定が終了。


メニューの右上にあるICの上に雷のマークのある「Device Programming」から
Tool、Device、Interfaceを選んで「Apply」を押そうとしたところで反応せず???


いろいろと試した結果、PL2303-HXのドライバーとしてMicrosoftのUSB-Serialドライバーを使ってたのが不具合の原因だったようで
 PL2303_Prolific_DriverInstaller_v130.zip
を使うことでOKになる。


■Atmel Studio7.0とTX_STK500をHVPPモードでATMEGA168Pのヒューズ設定を読み書きしてみる
ボード上のICソケットや、J7に接続したICの読み書きが可能になる



■Atmel Studio7.0とTX_STK500でATMEGA168Pのヒューズ設定を読み書きしてみる
HVSP接続時とは違い、PCとボードをUSB接続した際に一手間必要でPCと接続してすぐに赤色LEDのパイロットランプが2度点滅するのでその間に、ISPモード切替スイッチを押す(押しっぱなしにする必要はない)

これでISP端子に対応した機器に書き込みが可能になる。J3を接続すると外部ターゲットに5Vの供給が可能になる



■avrdude-GUIとTX_STK500をHVPPモードでATMEGA168Pのヒューズ設定を読み書きしてみる
「Programmer」に「Atmel STK500 V2 in parallel programming mode(stk500pp)」を選ぶ


ちなみにHVSP設定の「Atmel STK500 V2 in high^voltage serial programming mode(stk500hvsp)」を選ぶととエラーで使えませんでした。



■avrdude-GUIとTX_STK500をISPモードでATMEGA168Pのヒューズ設定を読み書きしてみる
ISPモードで接続し「Programmer」に「Atmel STK500(stk500)」を選ぶ