2016年9月14日水曜日

RATOCSYSYTEMS REX-USB60 (PL-2303) をWindows10のMS製ドライバーで騙しこむ

ちょっと新しい REX-USB60F は、WINDOWS10用のドライバーがあるようなのですが、古いREX-USB60 は、WINDOWS XPぐらいまでのドライバーしかなく無理やりWINDOWS7までは使えていたんだけど・・・。

PCに差し込むと案の定「不明なデバイス」

で、中身を確認したらUSBシリアル変換の実態は最近悩まされたばかりのprolificのチップ(PL-2303)じゃん!!
RATOC REX-USB60 prolific PL-2303

やったことは、ハードの改造はおろかファイルのダウンロードすら必要無い、先日の記事のPL-2023の時と一緒の方法で使えるようになったのでリンクだけで省略。
Windows10 Anniversary Update 以降、ドライバーエラー コード10で使えなくなったProlific PL-2023を騙しすかして動くようにする

0 件のコメント:

コメントを投稿